アイドルを考察する 第1章・AKB48という革命

お久しぶりです。藤沢”rotter”水族館です。さて、やるやると言っておきながらやっておりませんでした「アイドル考察ブログ」を始めていきたいと思います。今回は記念すべき第1章です。それでは早速考察、始めましょう。

 

Ⅰ、AKB48以前のアイドル

 日本にはAKB48以前にもアイドルは多くいました。平成ならばモーニング娘。、昭和であれば松田聖子中森明菜山口百恵キャンディーズおニャン子クラブなど。ちなみに余談ですが、さやわか氏や中森明夫氏は日本のアイドルの原点を南沙織に見出しています。しかし10代でデビューし、注目を集めた美空ひばりはアイドルと言えなかったのでしょうか?と私は考えます。

そもそもアイドルってなんだ?って話なんですが、それはまたしばらく後のテーマにして、AKB48以前のアイドルを見ていくと

・ソロアイドルが多い

・グループ内ではみんな同線上

ということが言えます。だいたい今「アイドル」っていうとグループアイドルがほとんどを占めています。寺嶋由芙や吉田凜音などソロで活動している方もいますが、数は少ないでしょう。また今回の記事ではこちらを重視したいのですが、「グループ内ではみんな同線上」、つまり「争わない」のです。人気の程度に差はあれど、みんな仲良しということです。ちょうど明治憲法下の内閣総理大臣が「同輩中の首席」と呼ばれたように。

 

Ⅱ、AKB48の登場

 AKB48秋葉原に2000年代に誕生しました。前田敦子高橋みなみといったメンバーを軸に人気を集め、2007年には紅白歌合戦に初出場を果たしています。AKB48の細かい歴史はそういったものを特集した書籍や、上述さやわか氏の「僕たちとアイドルの時代」を読んでいただくとして、AKB48が起こした「革命」とは何か、それを考察していきます。

 

Ⅲ、AKB48は戦う

 AKB48は非常に多くのイベントを開催します。毎日のように各地の劇場で公演が行われるほか、握手会やじゃんけん大会など。その中でも一番話題を集めるのが毎年行われる「AKB総選挙」です。説明はもう不要だと思いますが、CD等に付属する投票券を使用し、「推し」のメンバーに投票する。そして多くの票を集めたメンバーが次シングルの選抜メンバーになる。といったものです。過去には前田敦子大島優子篠田麻里子板野友美渡辺麻友小嶋陽菜高橋みなみといった上位7人が「神セブン」と呼ばれたり、順位発表の様子がテレビで生中継されたりと、非常に注目されました。今回の総選挙でも、まだ速報の段階ですが、NGT48の高倉萌香や本間日陽が上位に食い込み、1位には48ヲタの方々以外にはほとんど知られていないであろう、NGT48の荻野由佳が飛び込んでくるなど、多くの話題を呼んでいます。このAKB総選挙におけるいわゆる「AKB商法」は次回取り上げるとして、今回焦点を当てるのはこの「総選挙」というイベントそのものです。

 これまでのアイドルは、先ほども述べたように全メンバーが同線上にいました。(もちろん現在のアイドルもこちらの方が主です。)しかしAKB48はグループ内で戦います。どれだけ多くの票を獲得できるか、どれだけ順位を上げて世間からの注目を得られるか。AKB48はグループアイドルなのに、その中での優劣を決める。それは完全に新しいアイドルの姿でした。

 プロデューサーの秋元康氏は、こうした「戦うアイドル」に関して過去の取材にこう答えています。

「彼女たちは芸能界を目指すオーディションを受けた時から、既に競争が始まっている。だからAKB48の中で競争をしないということは、芸能界全体の中でも競争できないことになってしまう。」

(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/28/news022.html)

つまりAKB48は芸能界の縮図。そして総選挙は芸能界で生き残るための前哨戦、予行演習のようなものだということです。AKB総選挙は時に波紋を呼び、批判の対象になります。しかしメンバーは総選挙のため、票数のため、そして推してくれるファンのため、必死に努力をする。その姿にファンは心を打たれる。そしてそのプロセスが新たなファンを生む。秋元氏はそうした方程式を予測し、またメンバーが芸能界で生き残れるための方策を練って、この総選挙を実施したのだと考えれば、彼は本物の「天才」でしょう。

 

Ⅳ、AKB48の功罪

 AKB48の成功を受けて、日本中がAKB48に注目したと同時に、それまで息を潜めていた多くのアイドルもまた成功するに至りました。ももいろクローバーZやアイドリング、Berryz工房などの人気グループも、AKB48が成功していなければ成功していたかどうか分かりません。AKB48は多くのアイドル、そして多くのアイドルを目指す少女たちの目標となる、そんな存在にもなったのです。(実際に「バンドじゃないもん!」の望月みゆなど、AKBグループを目指してアイドルになった方もいらっしゃいます。)

 しかしAKB48の全てが上手くいったわけではありません。AKB48はその名を広め「AKB48」としてのブランドを大成させましたが、メンバー一人一人を育てきれませんでした。かつて幾度も選抜入りを果たし、総選挙1位にも輝いた前田敦子でさえ、AKB48を卒業してからは芸能界で輝かしい活動をできていません。つまり「グループ」として売ることには成功したものの、「メンバー個人」を売ることには失敗した(し続けている、といった方が正しいかもしれません)ということです。(中にはメンバーの一部だけを売ることに成功したアイドルもいますが、それは別の話なので第4章ででも説明します。)

 

Ⅴ、「少女たちよ」

 まだまだ話したいことはありますが、長くなってダラけてしまうのも避けたいので、一旦ここまでにして、次回第2章にて今回すっ飛ばした「AKB商法」を中心にアイドルを考察していきたいと思います。

 最後に秋元康氏がAKB48に、そしてAKB48が全てのアイドルと、アイドルを目指す少女に捧げた曲「少女たちよ」の一節を引用して、第1章を終わらせていただきます。

 

「ステージの片隅でもがき続ける悔しさや空しさも 青春の時

 少女たちよ もうすぐ夜明けが来る

 夢の未来はこれから始まる

 少女たちよ 何も諦めるな

 悲しいことなんか全て捨てて 全力で走るんだ」

 

2017年6月3日

藤沢”rotter”水族館