JASRACって必要なん?

こにゃにゃちは、どんぺりーです。

 

そういえばぼく法学部だったんで、法学部っぽい記事書きます。まあ「ふーん」程度に思ってもらえればいいです。今回取り上げるのは何かと萌え燃えがちなJASRACさん。最近だと音楽教室に使用料を払え、と主張しネットで叩きに叩かれるも、文化審議会著作権分科会が「使用料取ってもええやろ」とJASRACに肯定的な意見をまとめ議論を呼んでいますね。結構悪い者扱いされがちなJASRACさんですが、ところでこいつ、何者なの?とかそもそもこいつ必要なの?とか多分いろいろ思われる方がいらっしゃると思いますので、かなーりさらっとですがJASRACさんが必要なのか等についてお話したいと思います。

 

1、まずは「著作権」のお話から。

JASRACさんが何をしているのか、一言で言いますと「音楽の著作権の管理」です。なのでとりあえず「著作権」についてある程度分かっておかないとJASRACさんのお仕事も理解しにくいので、著作権の要点だけサラッと触れておきます。

著作権とは言語(本、歌詞、講演…)や音楽、美術等の「著作物」を作った「著作者」に与えられる権利のことを言います。著作権の内容としては「支分権(狭義の著作権)」と「著作者人格権」というものがあり、前者には例えば、著作者以外の人が著作物を無断でコピーしちゃダメ!っていう「複製権」とか、勝手にネットにアップしちゃダメ!っていう「公衆送信権」とかがあります(他にもいろいろあります。例えば翻案権については以前の記事「コスプレと著作権」を参照)。後者については公表権、氏名表示権、同一性保持権(勝手に著作物の内容を改変されない権利)があります。

ではこの「著作権」という制度は何のために作られたのでしょう。その答え、とまでは行きませんが法目的が著作権法第1条に書かれています。少し読んでみましょう。

 

著作権法第1条

この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

 

分かりますか?多分よくわかんないと思います。まあざっくり言えば「著作物を公正に利用しながら文化を発展させていこうよ!」って感じです。意外かもしれませんが、著作物の自由な使用を制限することで文化を発展させようとしているのが著作権法ってわけです。少し逆説的に思われるかもしれませんが、ちょっと考えてみればまあまあ理解できることで、例えば音楽がコピーし放題、ダウンロードし放題で音楽制作者にお金が入らなかったら誰も音楽業界目指しませんよね。食っていけないもん。で、音楽とか、同じように漫画とかがなくなれば文化もクソもなくなります。クールジャパンとかもないです。こうしたブンカ・ジ・エンドを防ぐため、著作権法が存在するのです。

 

2、で、JASRACとは何なのか

少し前提のお話が長くなってしまいましたが、本題に入っていきましょう。JASRACさんって何者なの?って話です。JASRACこと日本音楽著作権協会(Japanese Society for Rights of Authers, Composers and Publishers)は簡単に言えば(っていうかそのままですが)「めちゃめちゃたくさんの音楽の著作権を一括管理している」団体です。

 

3、JASRACの必要性

JASRACさんがなぜ必要なのか(あるいは、なぜ音楽業界から必要とされているのか)、少し掘って行きたいと思います。音楽制作者や歌手(著作権法の世界では「実演家」と言います)は音楽を作り、例えばそれをゆーちゅーぶとかで発表したり、CDを発売したりして世の中に出すわけです(一応CDとか実演家にも「著作隣接権」ってのが発生したりするんですがめんどくさいので省略します。マジで面倒だから。)。一度音楽が世の中に出ると、それはいろいろな方法で「利用」されます。例えばカラオケで歌われたり、テレビ番組のBGMに使われたり、売れてないバンドにカバーされたり。こうした「著作権に絡む利用」を確認し、利用者から利用料を徴収する、という作業を音楽制作者が逐一やっていられるでしょうか。多分そんなことをしていたら次回作が出ることは永遠にないでしょう。そうした手間のかかる著作権の管理を、音楽制作者たちは「自分たちの代わりに」JASRACにお願いしているのです。こうして見ると(少なくとも私が思うには)JASRACは必要不可欠な組織なんです。

 

4、音楽教室から使用料を巻き上げる徴収するのは妥当か

もう一つ、現在議論を呼んでいる内容についても少し考えてみましょう。JASRACは「音楽教室で見本として歌ったり演奏したりするのは支分権にある『演奏権』に当たるから著作権の利用料を払え!」と主張しています。演奏権についての条文を見てみましょう。

 

著作権法第22条

著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

 

要は「著作物を公衆に対して演奏していいのは著作者だけ!(それ以外の人は利用料払ってね♡)」ってことです。この条文を基に「金払え」と言ってきたJASRACに対し、音楽教室側は「条文にある『公衆』は不特定多数のことで、音楽教室にきている生徒は特定できるから『公衆』に当たらない」と主張し、利用料は払わなくていいんだ!としています(詳しくは

JASRACによる音楽教室における著作物の使用料徴収に対し、東京地裁に「音楽教室における著作物使用にかかわる請求権不存在確認訴訟」を提起しました | 音楽教育を守る会 を参照)。そして私が注目したいのは(上記のリンク先にも示されていますが)先述した法目的です。音楽教室は(それだけが音楽教室の目的ではありませんが、)将来の音楽制作者や実演家を育成する場であり、それは文化の発展には不可欠と言えます。また音楽教室における音楽の利用は娯楽目的ではなく、教育目的であるため「公正な利用」となり、これらを踏まえれば演奏権侵害(=利用料の支払対象)にはならないと考えられます(とはいえこれは私の意見であり、法律のプロの中でも意見が別れてくるところなのでぜひ皆さんもそれぞれに考えてみてください〜)。

 

5、最後に

ネットでは批判の嵐、挙げ句の果てには「カスラック」とまで言われてしまうJASRACさんですが、結構音楽著作権に関しては重要な役割を担っています。なので「カス」とまで言われるのには流石に同情します。とはいえネットでは過去に「JASRACの職員が著作権の切れた音楽にまで金を請求してきやがった」なんて話が話題になりましたし、音楽業界がJASRACに苦言を呈したりと、JASRAC側にも問題があるのは確かでしょうし、ただ「法律」という一面だけでは捉えられない問題に発展しているともいえます。司法がどのような判断を下すのかも注目されますが、ただ「JASRACがクソ」とか言ってみる前に、多角的にいろいろ考えてみても面白いかもしれません。それが法律の面白さなんじゃないかって、ぼくは思います。